第12問 神は、ご自身の義が満たされることを望んでおられる。
     私たちは、自分で償うか、他の人に償ってもらうか、いずれにせよ、
     完全な支払いをしなければならない。
第13問 私たちは自分で支払うことができるか?     できない。
第14問 他の被造物が、代わりに支払うことができるか?   できない。
第15問 では、私たちに代わって支払い得るのはどんな仲保者、救い主か?
     真実に義しい人間であり、同時に真正の神でもあるお方である。
第16問 なぜ、仲保者は、真実の、義しい人間でなければならないか?
第17問 なぜ、仲保者は、真正の神でなくてはならないか?
第18問 真実に義しい人間であり、同時に真正の神でもある仲保者、それは、
     私たちの主イエス・キリストである。
第19問 何によってそのことを知り得るか?  聖なる福音によってである。
第20問 すべての人が救われるのか?  まことの信仰を持つ者だけである。
第21問 まことの信仰とは、神の啓示のすべてを信じ受け入れることと、
     聖霊が福音によって起こしてくださる心からの信頼である。
第22問 キリスト者が信ずべき福音は、「使徒信条」に要約されている。
第23問 使徒信条の内容
第24問以降 使徒信条を通しての、福音の体系的理解。